「復縁したい」を実現する復縁のエキスパート 「復縁したい®」は復縁屋株式会社の登録商標です | 探偵業届出登録番号第30160152号

復縁したい方へのための復縁したい.jp復縁無料相談窓口。フリーダイヤルにて全国24時間対応しています。

女性で復縁したい方へのための復縁したい.jp復縁屋女性専用復縁相談窓口 0120-023-216 女性で復縁したい方へのための復縁屋男性専用復縁相談窓口 0120-056-081
復縁したい方専用窓口。復縁に向けた復縁屋無料復縁相談をスタートする 復縁したい方専用面談。復縁に向けた復縁屋無料復縁面談を予約する
復縁したいMENU

復縁に向けて、復縁無料相談窓口 フリーダイヤル・全国24時間対応。復縁したい方へ

復縁したい女性の方専用 0120-023-216 復縁したい男性の方専用 0120-056-081
復縁したいとき、ご連絡下さい。無料復縁相談のスタート 復縁したいとき、ご予約下さい。無料復縁面談予約する

»»

復縁屋、復縁工作会社を語る
悪徳業者・粗悪会社にご注意下さい。
復縁したいにつけ込む復縁屋、復縁工作会社を語る悪徳会社・粗悪会社にご注意下さい。

復縁工作や復縁のための相談は、カウンセリングや調査工作の各工程で、高度な訓練と経験、そして、能力が必要です。
弊社ではカウンセラー採用において応募の5%以下の採用率となっており、通常の恋愛相談の延長では分析、アドバイスの出来ない高度な対応が必要です。
しかし、ご依頼者のどうしても復縁したいという気持ちにつけ込み、安易なサービスを提供していたり、きちんとした契約を結ばない。あるいは法人ではない、アルバイト感覚での個人事業にもかかわらず法人を装っているなど様々な問題が散見されています。

大切な人との未来の為にも十分ご注意下さい。

悪徳業者との契約に気をつけて - 「復縁したい」につけ込む悪徳集団に注意!

悪徳会社との契約に気をつけて - 「復縁したい」につけ込む悪徳集団に注意!

あなたの切実な復縁したいという気持ちを踏みにじるような、いわゆる悪徳会社との復縁工作契約まがいに注意してください。

「契約をこの場で取り交わさなければ、あなたは復縁をすることができない」といったような、いわゆる 強引に契約を迫るパターンはもちろん、契約書の締結前の入金要求、契約書をじっくりと閲覧したくてもさせてもらえない、事務所での契約以外認めない、事務所外での契約においてクーリングオフの説明が無いといったようなケースは、まさに悪徳会社であるので、絶対に契約してはなりません。

また、これだけではなく復縁に関する費用の内容で納得できる説明をしてもらえないパターンや、法人名義ではなく個人事業となっている契約書の際の説明のなさも気をつけるポイントです。法人の際は、きちんと株式会社や有限会社といった名目が社名の最初か最後、どちらかに付いているのでここで法人なのか、個人なのかを判断する判断材料になります。

もし復縁の依頼を検討している契約社名が○○探偵社というような名前になっている場合は、法人ではなく個人事業との契約になるので、こういった書面の説明が無いといったケースにも注意をする必要があります。

 

  • 重要事項説明書や関連法令の事前説明があるか
  • 代表電話以外の担当への連絡先の記載があるか
  • 契約書が10ページ以上程度の内容があり様々なことが網羅されているか
  • 契約の期間と金額・支払い方法の確認と記載があるか
  • 個人情報並びに調査利用目的の同意書があるか
  • 契約書に、会社名(株式会社)、代表者名、契約担当者名のすべてがあるか
  • 事務所以外での契約を認めないなど不審な点はないか
  • 事務所以外での契約時にはクーリングオフのご説明があるか
  • その他各種法令での必須項目の説明があるか


やはり、復縁を依頼する際には、自分自身できちんと信頼することができる場所に、依頼をすることもとても重要なので、こういった判断基準もしっかりと自分自身でも持っていることが大切です。

悪徳業者や詐欺業者を見分けるために

復縁したいという気持ちにつけ込む、悪徳業者や詐欺業者を見分けるために

復縁屋株式会社では、詐欺及び詐欺まがいの行為への警笛を鳴らす趣旨から、相談者様から寄せられた悪質な過去事例をもとに、注意すべきポイントをご紹介いたします。

「復縁屋®」や「復縁したい®などの復縁屋株式会社の登録商標を無断使用している。

「復縁屋®」や「復縁したい®」の商標は復縁屋株式会社が、登録済みの登録商標です。
これらの商標利用については、弊社独自の審査のうえ、復縁屋.jpへのリンクを設置することで、利用許諾をしております。

現在約30サイトへ利用許諾を行っておりますが、これらの商標を無断で使用している事例が後を絶ちません。
※報道・ニュースやコラムサイト、商標登録の役務以外での利用では、特段の利用許可は必要ございません。

もしご訪問のサイトにて、「復縁屋」や「復縁したい」の名称を見かけましたら、復縁屋.jpへのリンクを確認ください。リンクが無い場合は、不正利用となりますので、弊社復縁相談窓口までご相談ください。

また、リンクがある場合でも、該当サイトにて提供する復縁サービスの品質に疑問がある場合なども、弊社復縁相談窓口までお問い合わせください。

■簡単なヒアリングで、復縁が可能だなどの安易な回答を行う事例

相談者の復縁したいという強う気持ちにつけ込み、十分なヒアリングをせずに、復縁は簡単だなどと、請け負う悪徳会社が存在します。

これは言い切れることですが、100%成功する案件や簡単にお話を聞いただけで90%成功すると判断できるケースなどありません。
弊社のような専門的な訓練を積んだスタッフでも、1時間以上のヒアリングにより、現在の状況、復縁のプロセス、復縁の可能性などを考察していきます。

復縁したいと強く願うご依頼者からしたら、一刻も早く依頼をしたいという心理が働きますが、悪徳業者や詐欺業者はその利用者の心境を利用するのです。

  • 契約までの間で、ヒアリング時間は1時間近くにおよぶか
  • やりとりで意味が通じないなど日本語会話に不自然な点はないか
  • 恋愛や復縁へのアドバイスや過去事例を質問した場合は10件以上出てくるか
  • 復縁工作とプランのご説明があるか


現在の状況をしっかりと判断し、厳しい意見やリスクの説明を的確に伝えてくれる会社こそ、信用するに値するのではないでしょうか?
自分の大切な人との人生を託すのです。ささいな質問に対しても、十分な説明をしていただける法人を選択しましょう。

ちゃんと法人登記されている会社かを確認する。

復縁したいとき、ちゃんと法人登記されている会社か確認する。

○○探偵社などの団体を装っていても、法人登記などを行わず個人事業あるいは、事業届けも出していない個人のまま、依頼を募集している場合があります。

こうした趣味の延長のサービスでは、復縁のために必要なサービスレベルも、契約後の信用性も期待できません。

ここでは、無料で法人であるの確認が出来るサービスをご紹介します。

 

 

帝国データバンク

帝国データバンクとは、企業が、企業間の取引を行うときに、その信用性を確認するための、法人調査専門の調査会社です。
掲載にあたっては、実際に法人の事務所へ訪問し、確認と面談が行われ、レンタルオフィスなどの場合は、そのことが書かれます。
国内最大級の企業情報データベースを保有しており、国内の多くの会社にて企業信用調査、取引先状況の把握、倒産情報などを提供しています。


帝国データバンク・無料企業検索
http://www.tdb.co.jp/

※復縁屋株式会社でも定期的に訪問が来ています。

 

国税庁法人番号公表サイト

日本で法人登記した場合、法人税の納付義務から、かならず「法人番号」が発行されます。この国税庁運営のサイトに掲載されていない場合は、設立3ヶ月未満の新しい会社であるか、法人ではありません。

ご契約の団体が、法人かどうか、あるいは名前を詐称しているかを把握することが出来ます。


国税庁法人番号公表サイト
http://www.houjin-bangou.nta.go.jp/



こうした法人向けのサービスの中にも無料で利用出来るものがあり、信用性の確認に利用できます。

  • 帝国データバンクなど、法人登記をしていて探偵業許可を取得しているか
  • 法人登記をしていて探偵業許可を取得しているか
  • 探偵業許可を、法人名義で取得しているか
  • 復縁工作とプランのご説明があるか
  • 事務所以外での契約を認めないなど不審な点はないか
  • 事務所以外での契約時にはクーリングオフのご説明があるか
  • その他各種法令での必須項目の説明があるか

 

法人ドメインの存在を確認しましょう

法人ドメインの存在を確認して復縁したい気持ちを実現しましょう

WEBサイトやメールアドレスが、「co.jp」であるかどうかの確認です。

「.co.jp」が付くドメインは日本国内法人の専用ドメインです。取得時に法人証明が必要なため、一定の信用性があります。

復縁屋株式会社では、復縁屋.jpとともに、fukuenya.co.jpドメインについても所有運用しており、ご依頼者様との連絡のやりとりは、この法人のみが取得できるfukuenya.co.jpドメインを使用して執り行います。

問い合わせ時、「co.jpドメインはありますか?」という簡単な質問に、明確に回答出来ない場合は、十分な注意が必要です。

  • co.jpドメインの所有の確認
  • サイト運営が、co.jpまたは.jpドメインで行われているか

 

連絡先や電話番号から分かること

きちんとした会社のWEBサイトでは、当たり前ですが、きちんとした連絡先が表示されています。

連絡先に090や080などの携帯電話を記載しているケースは、絶対に契約をやめましょう。
通常の法人であれば、フリーダイヤルや、03など地域番号で始まる電話番号、050など、IP電話での番号などを記載しているはずです。

復縁屋株式会社は、全国のご依頼様のニーズにお応えするため、フリーダイヤル0120での24時間受付を行っております。
また、契約後は、高いITレベルを保持する専門の開発業者へ委託し、050での安価なIP電話にも関わらず、高品質の通話のご提供を行っています。

このほか、海外在住・渡航中のご依頼者様への対応のため、下記の世界45国で現地電話番号での通話が可能です。詳細は、海外対応担当までお問い合わせください。

現在の復縁屋株式会社・国外連絡対応可能地域
日本, アメリカ(+1), オーストラリア(+61), オーストリア(+43), バーレーン(+973), ベルギー(+32), ブラジル(+55), ブルガリア(+359), カナダ(+1), チリ(+56), キプロス(+357), チェコ共和国(+420), デンマーク(+45), ドミニカ共和国(+1829), エルサルバドル(+503), エストニア(+372), フィンランド(+358), フランス(+33), ドイツ(+49), ギリシャ(+30), 香港(+852), ハンガリー(+36), アイルランド(+353), イスラエル(+972), イタリア(+39), 日本(+81), ラトビア(+371), リトアニア(+370), ルクセンブルク(+352), マルタ(+356), メキシコ(+52), オランダ(+31), ニュージーランド(+64), ノルウェー(+47), ペルー(+51), ポーランド(+48), ポルトガル(+351), プエルトリコ(+1), ルーマニア(+40), スロバキア(+421), 南アフリカ(+27), スペイン(+34), スウェーデン(+46), スイス(+41), イギリス(+44)

※上記連絡先以外でも、復縁相談、復縁工作が可能で有り、海外でのご契約や工作も行っております。

  • フリーダイヤルの記載があるか
  • 代表番号が03で始まるなど地域番号で始まる電話番号か050などIT企業でのIP電話での番号などを記載しているか
  • 担当者の電話番号があるか

代表者名と法人名の確認

会社のWEBサイトや契約時の記載で注意すべき点は、連絡先のみではありません。
代表者名とは、「代表取締役」「取締役CEO」などの記載がある場合は、法人の代表者意味します。これは、会社法により、「取締役」との役職を名乗るには、ほとんとに企業の取締役ではなくては違法となるためです。

個人事業などのケースでは、役職名のところに、「社長」「事業代表者」など「取締役」が付かない役職名を記載します。「社長」してはただの俗称であり、あだ名のような者だと考えて下さい。法的な意味合いは一切無く、団体の代表であることを表す言葉でもありません。
悪徳業者では、アルバイトに「社長」の名刺を持たせる場合もあり、注意が必要です。
なお、個人事業者が、「代表取締役」などど名乗ることはただちに違法となります。

同様に法人名でも、正しい標記というものが法律で定められています。

日本で登記し認められている法人では、かならず名称の前後のどちらかに「合同会社(LLC)」「株式会社(co,Ltdやcorp、Inc)」などの屋号が付与されます。※2006年より以前から存在している会社は、「合資会社」「合名会社」「有限会社」「株式会社」の名所が利用出来ます。

また、一般の会社の他、弁護士事務所や、行政書士事務所などは、○○弁護士事務所法人、○○行政書士法人など、一部例外が法律により定められているケースがあります。

しかし、復縁工作などを行う、恋愛相談、カウンセリング、探偵調査などではこうした名称に対しての特例許可はなく、正式名称を「○○探偵社」と名乗っている場合など「株式会社」等が無い場合は、法人ではありません。
またサービス名称として「○○探偵社」などと名乗っており、正式な会社名を隠している場合には、通常隠す必要のないものを隠しているという事実に注意が必要です。

  • 代表者名の記載が、WEBサイト、契約書の両方にあるか
  • 代表者は代表取締役か。(契約書で事業責任者などの表記の場合は探偵業法の違反です)
  • 違反です違法です)
  • 担当者の電話番号があるか
  • サービス名を名乗る会社名を隠していないか

 

契約書や契約説明が無い、契約書の内容が少ない

復縁したいから契約したが、契約書や契約説明が無い

探偵業を所管する法律「探偵業の業務の適正化に関する法律」により、契約時の説明と契約書の交付は、義務づけられています。契約者の依頼であっても。契約書の交付と説明を省くことは出来ません。

また、自宅や事務所以外での契約では、クーリングオフの適用となり、いかなる場合も8日以内の返金が可能です。
※調査後であっても契約後8日以内のグーリングオフ適用通知がある場合は、全額返金が法律で定められています。

契約時、こうした重要な内容を告知しない、契約書の説明をきちんとしてくれない、契約書を貰えない場合は、絶対に契約をしてはいけません。

なお、復縁屋株式会社では、契約前の契約書について、ご依頼者様や担当弁護士への確認のためご提供、内容について相談などもいただけます。お気軽にご相談ください。

 

  • 重要事項説明の事前交付があるか
  • 契約書の交付があるか
  • 契約書は、10ページ以上の十分な記載があるか
  • 調査結果の利用に関する同意書面があるか
  • 法人登記をしていて探偵業許可を取得しているか
  • 探偵業許可を閲覧出来るか
  • 探偵業許可を、法人名義で取得しているか
  • 復縁工作とプランのご説明があるか
  • 事務所以外での契約を認めないなど不審な点はないか
  • 事務所以外での契約時にはクーリングオフのご説明があるか
  • その他各種法令での必須項目の説明があるか

24時間連絡可能を謳っているのに24時間連絡が取れない

復縁したいのに24時間連絡可能を謳っているのに24時間連絡が取れない

総合受付などの24時間の電話受付を謳っている復縁業者、恋愛相談会社は多数有りますが、その多くで実際の24時間の問い合わせを受付ていないケースが見られます。
弊社では、専用の受付チームを編成し、24時間の電話受付対応を実現してます。深夜や早朝、休日など実際に電話が繋がるか確認することで、企業が提供するサービスレベルの一端を把握することが可能です。

 

  • 午前3時などに電話を掛けて繋がるか
  • 土日や休日などに電話を掛けて繋がるか

復縁屋・無料復縁相談窓口

復縁したいという切なる思いのため、復縁方法の検討のためのご相談はすべて無料です。

フリーダイヤル・全国24時間対応

男性専用
ダイヤル
0120-056-081
女性専用
ダイヤル
0120-023-216

復縁相談フォーム

復縁無料相談フォーム 相談する
無料面談予約フォーム 予約する